プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

初めまして!
ぐるなび担当の幸島(こうじま)と申します!

千駄木露地は今話題の谷根千の千駄木に2007年1月にオープンしたイタリアンダイニングです。
これからもチェーン店などとは違う、一流シェフが作る料理、谷根千の町にあった和モダンな雰囲気、アットホームな接客を提供しています!

色々な情報をここから発信していきますので、是非ご覧なって下さい!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

器/道具 Feed

2010年9月 9日 (木)

小石原焼 販売開始いたしました!

福岡県の陶器「小石原焼」(こいしわらやき)の販売を始めました。

10.jpg


小石原焼は福岡県朝倉郡東峰村で焼かれる陶器。主に生活雑貨が焼かれます。

ほとんどが手作業で、技術や技法や原料、材料も300年前より伝わっています。

露地では4人の作家さんの陶器を扱っています。

①秀山窯(しゅうざんがま) 里見武士

7.jpg

小石原で採取される陶土は全て轆轤(ろくろ)で挽き、釉薬全てに妥協しない藍色の陶器が秀山窯の特長です。

4.jpg

②森喜窯(もりきがま) 森山健治

5.jpg

「形のない土の魂から新しいものが生まれる。この無限の可能性を常識にとらわれず、自分の感性と感覚で今までにないようなものを自分なりに表現していきたい。」と考える森山さん。作品も独特の形状をしています。

2.jpg

③鶴見窯(つるみがま) 和田義弘

6.jpg

シンプルなデザインが目立つ器は、機能的で和洋を問わず柔軟に使え、毎日使っても飽きさせない「用にかなうものは美しい」まさにそんな感じがご理解いただけると思います。

3.jpg

④原彦窯(はらひこがま) 梶原大祐

8.jpg

練込みと呼ばれる技法を用いた器など少しずつ新しいものに取り組みながらも、これからも飛び鉤や刷毛目の器を大事に作っていきたいと考えています。

1.jpg

写真以外にもいろいろな形の陶器をそろえております。

お値段も¥1500~¥3000とお求めやすい価格にしています。1点ものも多数ございますので、興味のある方はお早めにどうぞ。

11.jpg

2010年2月 5日 (金)

雛人形をいただきました!

DSCN0847.jpg

本日、お客様よりペーパークラフトで作成した雛人形をいただきました。いつも仲良く夫婦でご来店される常連様です。
有難うございます!とても可愛いです(笑)

お話を聞くとなんと旦那様が日本でペーパークラフトを広めた第一人者の中のお一人だとか・・。今年の1月から構想を練ってくれて、完成したようです。すごく繊細で精巧な作品だと思います。
癒されますね。

3月まで露地の物販棚に飾っておきますので、是非ご覧になって下さい。

DSCN0850.jpg

2009年1月 9日 (金)

SPERA

雪が降りそうなくらい寒い一日ですね・・。

うちの設計を手掛けたSPERA㈱の若手設計士の I さんが新年の挨拶も兼ねてランチを食べにご来店されました。お年賀として、SPERA㈱の手掛ける小物SHOP「SOI」のおしゃれな手ぬぐいまでいただきました。
DSCN0185.jpg
SPERA㈱は合羽橋に人気の珈琲店「合羽橋珈琲」の設計も手掛け、同時に経営も行っています。

千駄木露地は合羽橋珈琲を参考に設計してもらったので、よく雰囲気が似ているとも言われることもあり、嬉しく思います。

良かったら、合羽橋珈琲&SOIはこちらでチェックしてみて下さい。
http://www.spera.co.jp/in_shop.html

2008年12月26日 (金)

「うつわ展」

DSCN0172_edited.jpg

12月23日(火)~29日(月)まで日本橋三越にて「うつわ展」が開催されています。

「うつわ展」は、東京藝術大学鍛金研究室の教員・在校生20余名によるグループ展。今までにない斬新なイメージと感覚によるうつわをテーマにした作品の数々を展覧しているそうです。

露地の「KING」の作者のT君の独創性のあるうつわもこの展示会に出品しておりますので、興味のある方は是非ご覧になって下さい。

千駄木 露地 のサービス一覧

千駄木 露地